導入事例・ご利用シーン

<マイナンバー対策>

 マイナンバー情報を管理・運用するパソコンは、インターネット接続や従事担当者以外の利用により、情報漏えいするリスクと背中合わせの状態です。

 再起動やシャットダウンでパソコンを利用する前の状態に環境を復元することで、常にフレッシュなパソコン環境で利用することができます。

<「マイナンバーの廃棄」規定>
 「マイナンバー法」では、個人情報保護法にはない「マイナンバーの廃棄」という規定があります。個人情報のうちマイナンバーだけは、所管法令で定められている保存期間を過ぎた場合には廃棄しなければなりません。
 また、削除した記録を保存することとしています。なお、その削除の記録の内容としては、特定個人情報ファイルの種類・名称、責任者・取扱部署、削除・廃棄状況等を記録することが考えられ、個人番号自体は含めないものとしています。

マイナンバーを収集してサーバーで管理

 マイナンバーの収集時には本人確認が必要です。スキャナーやデジカメ、USBメモリーから集められた本人確認データを管理するサーバーに転送・保管するために、一時的にパソコンに保存する必要が生じることがあります。「HD革命/WinProtector」で保護しておけば、目的を達成した後に再起動すればパソコンにデータが保存されることはなく、情報漏えいのリスクも軽減されます。

マイナンバー関連業務をWebシステムで運用

 Webシステムを使用してマイナンバーなどの特定個人情報を取り扱う業務を実施すると、入力したパソコンに履歴が残っている場合があります。そのようなWebシステムを使用する場合、「HD革命/WinProtector」で保護してから作業を行えば、パソコンを再起動するだけでマイナンバーを入力した痕跡などがない、元の状態に復元することができます。履歴を残したくない作業を行う際に最適です。

Network Controller でしっかり監視、さらにリモート抹消機能+デバイス制御でクライアントPCの情報漏えいを防止

​ マイナンバー関連書類は重要な個人情報です。クライアントPCへの不正アクセスを防ぎ、状態をしっかり監視すること、また、不要なデータを日々抹消しておくことが、情報漏えい防止への第一歩となります。

 リモート抹消機能を利用して、マイナンバー関連書類を復元不可能な状態に抹消できるほか、Webの閲覧履歴やインターネット一時ファイル、テキストの入力履歴などが削除できますので、クライアントPCの情報漏えい防止にご利用いただけます。スケジュールを組んで、定期的に自動で抹消を行うことも可能です。

​ また、デバイス制御を組み合わせて設定しておくことで情報の持ち出しも持ち込みもシャットアウトできます。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

フォームをご利用いただけないお客様はメールでご連絡ください。

   東日本:03-6238-3501

   西日本:06-6838-3177
  受付時間 10:00~18:00

   ※土、日、祝日を除く

購入後の技術サポートに関するお問い合わせは、専用フォームからお願いします。

ダウンロード版(保守なし)、20本以下のライセンス(保守込み)ご購入をお急ぎの方は、こちらから

※ダウンロード版はStandardのみ販売

販売元
開発元
Copyright ©2019 ED-CONTRIVE Co., Ltd. & ARK Information Systems Inc.Co., Ltd. All Rights Reserved.