アップデート連携ができない「設定ファイルでの設定が正しくできませんでした」(サーバーメッセージ) 

 アップデート連携ができない「更新処理が開始できませんでした」(クライアントメッセージ) 

 Network Controllerから、アップデート連携実行時、

 「設定ファイルでの設定が正しくできませんでした」 Network Controller(サーバー)側

 「更新処理が開始できませんでした」 WinProtector(クライアント)側

 このエラーが表示されて実行できない場合、以下の原因が考えられます。

 

  1. ネットワークコントローラーのメイン画面で、「WinProtector」タブ→「設定」と選択した「WinProtector詳細設定」で「アップデート連携」タブの「更新処理を実行するアカウント」で入力したユーザー名、パスワードが間違っている。

  2. ネットワークコントローラーのメイン画面で、「WinProtector」タブ→「設定」と選択した「WinProtector詳細設定」で「アップデート連携」タブの「既存のオートログオン設定」で入力したユーザー名、パスワードが間違っている。(クライアントPCがオートログイン設定になっている場合。なっていない場合は、空欄のままで構いません)


 正しい、ユーザー名、パスワードを設定してください。
 ※アップデート連携を実行するユーザーは、ローカルPCに対して管理者権限を持っていることが必要です。

 クライアントPC側の「アップデート連携」画面では、入力した内容が有効かどうかを確認できる「アカウントの確認(U)」ボタンがあります。
 クライアントPCの「更新処理を実行するアカウント」から、ユーザー名(オートログインしている場合はそのユーザー名)とパスワードを入力後、「アカウントの確認(U)」で有効であるか確認することができます。

フォームをご利用いただけないお客様はメールでご連絡ください。

   東日本:03-6238-3501

   西日本:06-6838-3177
  受付時間 10:00~18:00

   ※土、日、祝日を除く

購入後の技術サポートに関するお問い合わせは、専用フォームからお願いします。

ダウンロード版(保守なし)、20本以下のライセンス(保守込み)ご購入をお急ぎの方は、こちらから

※ダウンロード版はStandardのみ販売

販売元
開発元
Copyright ©2019 ED-CONTRIVE Co., Ltd. & ARK Information Systems Inc.Co., Ltd. All Rights Reserved.