HD革命/WinProtector よくあるお問い合わせ

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

HD革命/WinProtector Ver.6の新機能・変更点

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

除外する項目の設定

①除外対象をファイル単位で選択可能に

フォルダー単位に加えて、除外対象をファイル単位で指定できるようになりました。
「詳細設定」-「除外する項目の設定」画面の「ファイル追加」ボタンを押すと、ファイル選択画面が表示されるので、そこから除外したいファイルを選択します。

②除外対象としてレジストリキーが選択可能に

除外対象として、レジストリキーが選択できるようになりました。
「詳細設定」-「除外する項目の設定」画面の「レジストリキー追加」ボタンを押すと、レジストリキーを選択する画面が表示されるので、そこから除外したいレジストリキーを選択します。設定できるのは、
  HKEY_LOCAL_MACHINE\SECURITY
  HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE
  HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM
のキー以下のレジストリキーです

③複数ドライブにまたがった除外設定が可能に

Ver.5までは、複数の除外フォルダーをまとめて1項目として登録する場合、同じドライブ内のフォルダーに限定されていましたが、Ver.6からは複数ドライブのフォルダー、ファイルが混在しても除外設定ができるようになりました。
  C:\User\ARK\Desktop
  D:\共有フォルダー
などのように、Cドライブ上、Dドライブ上の複数のドライブ上のファイル、フォルダーが同時に設定できます。

④標準の除外設定を登録する機能
「除外する項目の設定」画面において、標準の項目として「kaspersky2016」「デスクトップ」「ドキュメント」が登録されていますが、Ver.6では、iniファイルを作成し、保存することによって、ユーザーが設定した内容を標準の項目として登録できるようになりました。
手順の概要は以下のようになっています。
  1.iniファイルを作成する。
  2.指定されたフォルダーへ作成したiniファイルを保存する。
  3.「詳細設定」-「除外する項目の設定」画面を開いて「項目名」の一覧に追加されていることを確認する。
  さらに詳しい手順・設定例はこちら=>

 

※「除外項目の設定」は、個々のソフトウェアや特定の環境による動作を保証するものではありません。お客様自身による十分な確認(レジストリキー、ファイル等)と検証のもとでご利用ください。
※BitLockerが有効化された環境では「除外する項目の設定」の機能は同時にご利用いただけません。
※「除外する項目の設定」と「継続保護の設定」は同時に設定できません。

●カスペルスキー・Kasperskyは、Kaspersky Lab ZAOの商標または登録商標です。

アップデート連携

●Windows Update連携時のWSUSサーバー、プロキシサーバーを設定可能に

「Windows Update アップデート連携詳細設定」画面に、使用するWSUSサーバー、プロキシサーバーの設定が追加されました。

※WSUSサーバー設定は、Windowsグループポリシーの設定を変更します。
HD革命/WinProtectorのアップデート連携を介さない、通常のWindows Updateも設定されたWSUSサーバーを通して実行されるようになります。
また、設定したまま HD革命/WinProtector をアンインストールすると、グループポリシーの設定は残ったままになりますので、注意してください。

●アップデート連携可能なアンチウィルスソフトウェアを追加

アップデート連携可能なアンチウィルスソフトウェアに、以下のソフトウェアが追加されました。

 ●シマンテック 「ノートンセキュリティ 2016」

 ●トレンドマイクロ 「ウィルスバスタークラウド11」「ウイルスバスターコーポレートエディションXG」※Ver.6.0.6アップデータで対応

 ●ESET 「Smart Security 9」

 ●カスペルスキー 「Endpoint Security 10」「2016 マルチプラットフォーム セキュリティ」「セキュリティ 2017」
 ●マカフィー 「リブセーブ バージョン 15.1」「トータルプロテクション 15.1」
 ●ソースネクスト 「スーパーセキュリティZERO 20.0」
 ●F-Secure 「クライアントセキュリティ 12」

※「アップデート連携」と「継続保護の設定」は同時に設定できません。

その他

●製品ラインナップの変更

「Simple Edition」と「with Network Manager」は「Standard」に統合され「Network Controller」と「Standard」の2つのラインナップとなりました。

●インストール時のオプションを追加

インストール時のオプション選択に、以下の2つのオプションを追加しました。
 

「スタートメニューにショートカットを作成する]
ONにすると、インストールを開始したユーザー個人のスタートメニューに、ArkLauncherのショートカットを作成します。

 

「アプリケーションの追加と削除に登録する]
ON にするとコントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除(プログラムのアンインストール)」に登録され、OFF の場合には登録されなくなります。

●処理性能の向上

保護中のリード/ライト速度が向上しました。また、保護開始にかかる時間が短縮されました。

●一時ファイル(ハードディスク)のサイズの標準値を変更

一時ファイル(ハードディスク)のサイズの標準値を、4000MB (Ver.5) → 10000MB (Ver.6) へ変更しました。

フォームをご利用いただけないお客様はメールでご連絡ください。

   東日本:03-6238-3501

   西日本:06-6838-3177
  受付時間 10:00~18:00

   ※土、日、祝日を除く

購入後の技術サポートに関するお問い合わせは、専用フォームからお願いします。

ダウンロード版(保守なし)、20本以下のライセンス(保守込み)ご購入をお急ぎの方は、こちらから

※ダウンロード版はStandardのみ販売

販売元
開発元
Copyright ©2019 ED-CONTRIVE Co., Ltd. & ARK Information Systems Inc.Co., Ltd. All Rights Reserved.