Windows 7の環境にHD革命/Winprotector をインストールするとWindowsの起動が遅くなる(原因と回避策) 

 Windows 7の環境に、HD革命/Winprotector をインストールすると、Windowsの起動が遅くなる現象が確認されています。(100%ではありません)

 このページでは、その原因と回避策についてご案内いたします。

​原因

 HD革命/Winprotector をインストールすると、レジストリキー除外を行うためのドライバーが導入され、これによって全レジストリキーの監視を行うようになるのですが、これが原因で起動を遅くしています。


 Windows 10/8.1でも同じく監視をしていますが、Windows 7では、その処理に違いがあるため顕著に遅くなります。
 

 インストール時に導入されてしまうため、下記の運用での回避方法にて対応をお願いいたします。

回避方法

 ※ご注意
 この設定を行うと「除外する項目の設定」のうちレジストリキーでの除外、標準の除外設定を登録、はご利用いただけなくなります。予めご了承ください。

 

 「初期設定サポートツール」を使用して、HD革命/WinProtector のレジストリの除外機能を停止させることで、改善する場合があります。

  1. HD 革命/WinProtector のインストールフォルダー(C:\ProgramFiles\ARK Information Systems Inc\WinProtector)の中にある「WPSupportTool.exe」を実行して「初期設定サポートツール」を起動します。

  2. 「レジストリ除外機能を無効にする」をオンにして、「適用する」をクリックします。

 「初期設定サポートツール」について