「ComfortDisk」のWindowsUpdate自動更新設定について(Ver.8.1.0) 

  • 本バージョン(8.1.0)からグループポリシーの「自動更新を構成する」を「有効」または「無効」にします。

  「更新プログラムを自動的にインストールする」を選択した場合は、「有効」
  「更新プログラムを確認しない」を選択した場合は、「無効」

  • インストール時のデフォルトは「無効」となります。アップデータでは設定の変更はしません。

  • Windows「自動更新を構成する」が「未構成」の場合は、これまで通り、レジストリー内容をみて、「更新プログラムを自動的にインストールする」「更新プログラムを確認しない」を判定しています。

  • アクティブディレクトリでグループポリシーを設定していると、アクティブディレクトリの設定内容が優先され、ComfortDiskの設定が無効になる場合があります。

​ 「ComfortDisk」について