マスターイメージ作成時の注意事項、Sysprep(シスプレップ)を利用する場合の注意事項 

マスターイメージ作成時の注意事項

マスターイメージにWinProtectorのクライアントソフトウェアを含め、作成される際の注意事項を記載いたします。

WinProtectorの設定情報を反映する手段として以下の2種があります。

 

①WinProtectorインストール後、端末個々に設定ファイルを反映する。

②マスターイメージに設定ファイルごと読み込ませる。

 

上記、②の場合は以下の手順になります。

  1. マスター用端末へWinProtectorをインストール

  2. 「詳細設定」から各種設定を行い、再起動(保護ONで起動)

  3. WinProtector保護解除(保護OFF)再起動

  4. 「Sysprep(シスプレップ)を利用する場合の注意事項」※を実施(レジストリー除外)※本ページ下部参照

  5. マスターイメージを展開

Network Controller 版のマスターイメージを作成する場合は以下の注意点があります。

 

<レジストリキーから一意性情報(UUID)を削除する>

 

1.Network Controller クライアントサービスの停止

「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「管理ツール」の「サービス」を開きます。

「Network Controller Client Service」を選択し、左側の「サービスの停止」 をクリックします。

 
 

2.UUIDの削除

「Windows」キーを押しながら「R」キーを押すと「ファイル名を指定して実行」 画面が表示されます。

ここで、「regedit」と入力して「OK」をクリックします。

以下のレジストリまで移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ARKInformation Systems Inc.\NCS

名前欄の「ClientPCUUID」を右クリックして削除を選択します。

  • UUIDが存在しない場合、インターネットへ接続してから再起動してください。新規インストール時にオフラインの場合、UUIDが生成されません。

サービスが起動すると自動的に「ClientPCUUID」が作成されますので、改めて1.2.実行後、マスターイメージを作成してください。​

Sysprep(シスプレップ)を利用する場合の注意事項

「初期設定サポートツール」を使用して、HD革命/WinProtector のレジストリの除外機能を停止させてからSysprep(シスプレップ)のマスターイメージを作成します。

​関連FAQ:WinProtectorをインストールするとSysprep(シスプレップ)できなくなる(原因と回避策)


HD 革命/WinProtector のインストールフォルダー(C:\ProgramFiles\ARK Information Systems Inc\WinProtector)の中にある「WPSupportTool.exe」を実行して「初期設定サポートツール」を起動します。


「レジストリ除外機能を無効にする」をオンにして、「適用する」をクリックします。


以上でレジストリ除外機能が無効になりますので、この状態でSysprep のマスターイメージ作成を実行します。


Sysprep のマスターイメージ作成実行後のコンピューターの初回起動時の初期化処理が終了したら、HD革命/WinProtector を使用する前に、今度は「レジストリ除外機能を無効にする」をオフにします。

※「レジストリ除外機能」を使用しない場合は、オフのままでも構いません。

 

   東日本:03-6238-3501

   西日本:06-6838-3177
  受付時間 10:00~18:00

   ※土、日、祝日を除く

購入後の技術サポートに関するお問い合わせは、専用フォームからお願いします。

ダウンロード版(保守なし)、20本以下のライセンス(保守込み)ご購入をお急ぎの方は、こちらから

※ダウンロード版はStandardのみ販売

フォームをご利用いただけないお客様はメールでご連絡ください。
販売元
開発元
Copyright ©2019 ED-CONTRIVE Co., Ltd. & ARK Information Systems Inc.Co., Ltd. All Rights Reserved.