Q

保護対象が「個別のファイル、フォルダーを保護する」場合の注意・制限事項

保護対象パス(追加するフォルダー)として以下は指定できません。

 

 C:\Program Files

 C:\Program Files (x86)

 C:\ProgramData

 C:\Windows

 C:\Users

 

上記パスの下にある個別のフォルダーを指定することはできますが、Windows のシステムファイルやプログラムフォルダーを対象とすると、環境によっては不整合が生じてWindows が起動できなくなります。これにより発生する問題については動作保証外となります。

 例:

 C:\Program Files\ARK Information Systems Inc

 C:\Users\(ユーザー名)\Documents