高速スタートアップを無効にする方法 

高速スタートアップについて

 Windows 8以降のOSに搭載されているこの機能では、起動を速くするために「シャットダウン」を選んでも見かけ上シャットダウンはしますが、デバイスドライバのロード・初期化のイメージを取得しておくことで、これによって次回の起動を速くしています。
 ※「再起動」した場合は、この処理は行われません。

 そのため、前回終了時と異なるデバイス(ハードディスク、SDカード等)が接続されたり、変更があると、デバイスが認識されなかったり、パソコンが正常に起動しなくなる場合があります。

 デバイスが認識されなかったり、パソコンが正常に起動しないといった場合は、高速スタートアップを無効にすることで、この問題を回避できる可能性があります。

【次回の起動時に、高速スタートアップを一時的に無効にする】

・Windows 10/8.1
Shftキーを押しながら、シャットダウンします。

高速スタートアップを無効にする

・Windows 10

1.[スタート]を右クリックして[電源オプション] を選択します。

2.右側にある「電源の追加設定」(関連設定)をクリックします。

3.左側にある「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。
4.「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。
5.「□高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外します。


・Windows 8.1
1.[スタート]を右クリックして[電源オプション] を選択します。
2.左側にある「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。

3.「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。

4.「□高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外します

フォームをご利用いただけないお客様はメールでご連絡ください。

   東日本:03-6238-3501

   西日本:06-6838-3177
  受付時間 10:00~18:00

   ※土、日、祝日を除く

購入後の技術サポートに関するお問い合わせは、専用フォームからお願いします。

ダウンロード版(保守なし)、20本以下のライセンス(保守込み)ご購入をお急ぎの方は、こちらから

※ダウンロード版はStandardのみ販売

販売元
開発元
Copyright ©2019 ED-CONTRIVE Co., Ltd. & ARK Information Systems Inc.Co., Ltd. All Rights Reserved.