HD革命/WinProtector Ver.6.0.8 アップデータ公開のお知らせ


「HD革命/WinProtector Ver.6.0.8」のアップデータを公開しました。 主な修正点は以下の通りです。

●HD革命/WinProtector本体の修正

  • Windows 10 1709 (Fall Creators Update) の環境において、詳細設定の「除外する項目の設定」によって除外設定されているファイル/フォルダーに対してMicrosoft OfficeでWord/Excel/PowerPoint等のOfficeファイルの作成/保存を行うと、正しく保存されないのを修正しました。

  • 詳細設定の「除外する項目の設定」によって除外設定されているファイル/フォルダーに対して、一部のソフトウェアによる書き込みが行われたときに、その内容が正しく反映されない場合があったのを修正しました。

  • Windows 起動後に保護開始、または、ログオン時保護開始をしたときに、処理を開始してから実際に保護がかかるまでの間に詳細設定の「除外する項目の設定」によって除外設定されているファイル/フォルダーに対して書き込みが行われると、その書き込みが正しく行われない場合があったのを修正しました。

  • 「詳細設定」画面でのGUI上の問題を修正しました。

  • 高DPI設定になっているディスプレイ環境において、「ウイルスバスターコーポレートエディション」のアップデート連携が正しく実行されない場合があったのを修正しました。

  • 一部のコンピューター環境において、以下のエラーメッセージが表示されてしまう問題を修正しました。

   “C:ドライブに多量のフラグメンテーションが発生しているため、     一時ファイルを作成できませんでした。     ドライブのデフラグを実行してください。”

   “設定ファイルの位置情報が取得できませんでした。”

  ※Microsoft Surface Pro (2017年6月発売モデル)において問題が発生する

   事を確認しています。

  • 「F-Secure」のアップデート連携が正しく実行されない場合があったのを修正しました。

  • アップデート連携のアンチウィルスソフトウェアの更新において、以下のものに対応しました。

  「ウイルスバスタークラウド12」


最新記事

すべて表示

現在公開中のWinProtector9.0.2において、以下の不具合が見つかりました。 ファイルベース保護において、特殊フォルダーの設定やフォルダ―名等にワイルドカード文字を指定した場合に、正常に動作しない 現在改修中となり、改めて9.0.3を7月下旬から8月上旬には公開予定です。 バージョンアップをご検討中のお客様へは大変ご迷惑をおかけいたしますが、最新バージョンのご案内までお待ちいただけますよ

2022年7月6日(水)に以下のアップデータをリリースいたしました。 「 HD革命/WinProtector Ver.9(Ver 9.0.2)」 主な修正点は以下の通りです ●HD革命/WinProtector 本体の修正 保護対象の設定において、「個別のファイル、フォルダーを保護する」で個別のフォルダーを指定して保護を行っているときに、保護対象フォルダー内でのファイルのリネームや移動、ハードリン

●HD革命/WinProtector 本体の修正 Windows 10 November 2021 Update(バージョン21H2)に対応しました。 アップデート連携中に Windows がロック画面に移行してしまった場合に、アップデート連携の処理が進まなくなってしまう問題について対策を行いました。 Windows Update のアップデート連携の処理を途中でキャンセルした、あるいは、エラーや