アップデータ公開のお知らせ(HD革命/WinProtector Ver.8.1.3)

HD革命/WinProtector Ver.8.1.3のアップデータを公開しました。主な修正点は以下の通りです。

●HD革命/WinProtector 本体の修正

コンピューター起動時に「BAD_SYSTEM_CONFIG_INFO(0x00000074)」のブルースクリーンになってしまうことへの対策を行いました。

アップデート連携の設定で「前回開始されたなかった場合は、起動/ログオン時に開始」がONになっており、アップデート連携の開始時刻を過ぎてから Windows が起動してアップデート連携が開始された場合に、制限時刻の処理が正しく動作しないのを修正しました。。

Kaspersky Endpoint Security 11.5.0.XXX がインストールされている環境で、アップデート連携の設定画面を開くと、「アンチウイルスソフトウェアの設定」の「ソフトウェア選択」のリストボックスに、“Kaspersky”と“Kaspersky Endpoint Protection”の2つとも表示されてしまうのを修正しました。

 ※「Kaspersky Endpoint Security」のアップデート連携を行う場合は、

  リストボックスから“Kaspersky Endpoint Protection”を選択してください。


アップデート連携において、以下のアンチウィルスソフトに対応しました。

  • ウイルスバスタークラウド17.0(トレンドマイクロ)

  • Trend Micro Apex One セキュリティエージェント 14.0.9167(トレンドマイクロ)

  • クライアントセキュリティ 15.11(F-Secure)

  • クライアントセキュリティ 14.23(F-Secure)


HD革命/WinProtector Ver.8.1.3 のアップデータのダウンロードはこちら

※最新のアップデータには、過去の修正がすべて含まれています。

最新記事

すべて表示

●HD革命/WinProtector 本体の修正 Windows 10 November 2021 Update(バージョン21H2)に対応しました。 アップデート連携中に Windows がロック画面に移行してしまった場合に、アップデート連携の処理が進まなくなってしまう問題について対策を行いました。 Windows Update のアップデート連携の処理を途中でキャンセルした、あるいは、エラーや

平素は弊社製品「HD革命/WinProtector」をご利用いただき誠にありがとうございます。 2021年11月17日(日本時間)に提供が開始されたWindows10 大型アップデート「Windows 10 November 2021 Update(バージョン 21H2)」におけるHD革命/WinProtector Ver.8の動作ついて、検証が終了いたしましたのでご案内させていただきます。 検証

平素は弊社製品「HD革命/WinProtector」をご利用いただき誠にありがとうございます。 2021年10月5日(日本時間)に提供が開始された「Windows 11」におけるHD革命/WinProtector Ver.8の動作ついて、検証が終了いたしましたのでご案内させていただきます。 検証の結果、HD革命/WinProtector Ver.8.1.4以降にて「Windows 11」に対応可能