サブネット(セグメント)を越えて、クライアントPCを管理できますか? 

Network Manager

 サブネット(セグメント)を越えて、クライアントPCを管理することはできません。

 例外として、自動登録の他にIP直接指定による登録が可能なので、理論上はサブネットを越えて管理できることになりますが、各ネットワーク構成にも大きく依存するため、サポート外となります。

Network Controller

 サブネット(セグメント)を越えて、クライアントPCを管理することができますが、通信が確立できることが必須です。ルータやスイッチにおける通信ポートの送受信の許可などが必要となります。

 基本的には、インターネットを介した構成は不可です。

<例-1> 同一オフィス内の○階と×階の間(1台の管理PC) → ルーター(ブリッジ)に通信ポートの送受信許可を設定すれば可能

■192.168.0.0/24 と192.168.1.0/24 のネットワーク環境の例

<制約>

  • クライアントPC はDHCP で運用しても良い。

  • データベースサーバー、FTP サーバーを独立させることも可能。

  • ルータに、通信用ポートの送受信の許可が必要。(10001,10002,10003 番、FTP ポート21 番)

  • 192.168.1.1/24 内のPC のWOL をする場合は、ルータに管理PC(192.168.0.10)からのブロードキャスト通信ポート(9 番)の許可が必要。

<例-2> 同一オフィス内の○階と×階の間(各階に管理PC) → ルータに通信用ポートの送受信を不許可とすること

■192.168.0.0/24 と192.168.1.0/24 のネットワーク環境の例

<制約>

  • クライアントPC はDHCP で運用しても良い。

  • データベースサーバー、FTP サーバーを独立させることも可能。

  • ルータに通信用ポートの送受信を不許可とすること。
    (通信が可能な場合には、192.168.0.10 の管理PC から192.168.1.0/24 のクライアントPC の操作が可能になってしまう)

<例-3> 大規模ネットワーク → 他のサブネット内のクライアントPC の電源ON(Wake On Lan)が可能。

■3つのサブネット(192.168.1.0/24、192.168.2.0/24、192.168.3.0/24)で
 ・データベースおよびFTP サーバはネットワーク内で1 台のみ ・それぞれのサブネットに1 台の管理PC
 で構成されたネットワーク例

<制約>

  • 管理PC、データベースサーバ、FTP サーバーは固定IP とする。

  • 電源ON は、それぞれのサブネット内の管理PC のサービスが実行する。

  • ブロードキャストはサブネットを超えない。

フォームをご利用いただけないお客様はメールでご連絡ください。

   東日本:03-6238-3501

   西日本:06-6838-3177
  受付時間 10:00~18:00

   ※土、日、祝日を除く

購入後の技術サポートに関するお問い合わせは、専用フォームからお願いします。

ダウンロード版(保守なし)、20本以下のライセンス(保守込み)ご購入をお急ぎの方は、こちらから

※ダウンロード版はStandardのみ販売

販売元
開発元
Copyright ©2019 ED-CONTRIVE Co., Ltd. & ARK Information Systems Inc.Co., Ltd. All Rights Reserved.