Q

環境復元ソフトウェア「HD革命/WinProtector」の基本機能・保護のしくみ 

 HD革命/WinProtector は、Windows 使用時にドライブへの書き込みが行われないように制限することにより、ドライブの保護を行うソフトウェアです。

 通常ならドライブへ書き込まれるデータは、別ドライブやコンピューターの物理メモリー上に作成した領域(HD 革命/WinProtector では「一時ファイル」といいます)に書き込まれます。これによりドライブが保護されます。

 ドライブの保護を開始すると、ドライブへの書き込みはHD 革命/WinProtector のドライバがそれをすべて“横取り”して一時ファイルに書き込みます。見た目には何も変化はありませんが、実際にはHD 革命/WinProtector が管理する一時ファイルとの間で書き込み、読み込みが行われているため、ドライブの内容は一切変更されません。

保護中の動作

 上の図は、HD革命/WinProtector による保護中の動作を表したものです。
保護中は、Windows やアプリケーションからSSD、ハードディスクへの書き込みが行われても、HD 革命/WinProtector がフィルターの役目を果たし、書き込みを制限します。このときにデータを書き込む場所が一時ファイルとなります。

 元からSSD またはハードディスク上にあるデータはそのまま読み込まれますが、変更されたデータは一時ファイルから読み込まれることとなります。一時ファイルの設定する場所はメモリーとハードディスクが選択でき、その両方を使用することもできます。