「アップデート連携」に WSUSサーバー、PROXYサーバー を使用する場合の注意・制限事項 

WSUSサーバー を使用する場合の注意・制限事項

 「詳細設定」-「アップデート連携」タブで、「Windows Updateの更新処理を行う」オプションを設定し、詳細画面でWSUS サーバーの設定を行うと、Windows のグループポリシーにおけるWSUS サーバーの設定が変更されます。
 そのため、HD 革命/WinProtector を介さないWindows Update を行う場合も、設定したWSUSサーバーに接続しにいくようになります。また、WSUS サーバーの設定をしたまま HD 革命/WinProtector をアンインストールしてもグループポリシーのWSUS サーバーの設定は残ったままとなりますので注意してください。

 

WSUSサーバ(統計サーバ)の設定はIP番号でなくURLで設定します。

 

 誤)192.168.144.251

 

 正)http://192.168.144.251:xxxx

   ※xxxxは実際に接続するポート番号

 

WindowsServer2012以降のWSUSの例の場合、8530となりますので、

   http://192.168.144.251:8530

となります。

PROXYサーバーを使用する場合の注意・制限事項

 「詳細設定」-「アップデート連携」タブで、「Windows Updateの更新処理を行う」オプションを設定し、詳細画面でプロキシサーバーの設定を行う場合、Windows 10 の環境では認証つきプロキシは指定できません。